お知らせ m_5
お知らせ
2018-10-26
草津、守山、栗東ちかくのバイク屋モジャモジャモータース カワサキW編、W3
草津、第四保育所の近所、守山、小津小学校の近所の
パートタイムバイク屋、モジャモジャモータースです。

主夫をしつつ、無印でちょこっとだけアルバイトしつつ
パートタイムバイク屋をしています。

普通のバイク屋とは違ってお時間いただきますが
丁寧に作業させていただいてます。

弊社で多いのは他店購入や、ヤフオク、個人売買からの
安全に乗れるための点検整備が多いですね。

よそで買ったバイクもウェルカムです。

旧車が大好きですが、現行のバイクも診れますよ!


さてさて、ブログシステムも復旧し

ようやくW3編の続編へと
カワサキのW3です。
昔のバイク、旧車?
650RSってやつ

エストレヤじゃないよ!!
W650でも、W800でもないよ!!

この子はオイル漏れの修理と車検のご依頼です。
前回前々回のブログもW3編でした。


オイル漏れを直すために

エンジンを分解していきましょう~~


オイル漏れの箇所は
シリンダヘッドとロッカーヘッドカバーの隙間なので

この上面をばらすときに気を付けていきましょう。

漏れる原因として、ネジの緩みがないかを確認するために
一度、増し締めをしてから

緩めていきます。


すると、どうでしょう。
3か所程、トルクをかけれないところがありました

さらに一か所は明らかに、ダメです。

こんな感じでネジが抜けました。
あちゃ~~~~ ですね。
ナメナメですな

なので、ネジ山修正のため
シリンダヘッドはばらすこと、決定!!

シリンダヘッドの下の方はこんなです

左右でバルブの焼け方がちがいますね
カーボンたくさんついてる方が
点火時期がズレまくっていたほうですね。


シリンダは今回は外しません


ピストン、シリンダはきれいなものです。

最近、ピストン等、オーバーホールをしたそうなので
シリンダ内はクロスハッチものこっておりました。


では、シリンダヘッドを内燃機屋さんに送るための準備をしましょう。

シリンダヘッドからバルブ等を取り外します

ロッカーカバー、シリンダヘッドに大きな
歪があったので
面研が必要だからです。


バルブたちがあったらできないしね。


バルブスプリングを外すときにコッタをふっとばさないように!!



今日はここまで!!
次回に続く!!








【一覧に戻る】