お知らせ m_5
お知らせ
2017-05-02
CB750Fのキャブ続き。
世間はゴールデンウイークだってさ!!

今日、試乗をしていたら
世間はゴールデンウィークぽかった。


琵琶湖岸を走っていたら
すれ違うライダーが手をふらはります。

僕、あれが妙にこっぱずかしっくって
手を振ることができません。

ただただ、凝視をして返します。

完全なる脇見運転になるので
僕に手を振らないで!!


モジャは明日、3日から7日まではお休みです。
はい。
来年、小学生になる娘のランドセルをチェックしにいったり
信楽の陶芸作家市で大人買いをしたいと思います。


さて、バラバラになってCB750Fのキャブです。
30年以上前のバイクですが補修部品は
じゃんじゃんでます
まだ、安心してバイクを維持、購入できますね。
ホンダからもでるし
みんな大好きキースターもあるし。

ちなみに、CB750F系の数種類あるので
ちゃんと適合を確認してね。


さてさて、バラバラにして
全ての穴という穴を清掃、とおりをチェックしたら

新品パッキンセットと
新品エアカットバルブを利用して

交換をしていきます。


このエアカットバルブのところの
楕円形のパッキンは一応、取り付けの向きがありますよ!


ガソリンラインのパッキンも交換
ホンダはキャブにパッキンセットとして
部品設定されているので楽ちんで良い


そしたら、まずは1,2番
3,4番と合体し、バディーを組みます


それから、左バディーと右バディーを
左右バディーに合体させます。

この際、適当に組んだらあきません
チョークバルブがスムースに動くところで
リンクを、色々と閉めていってください

適当に締めるとチョークバルブが開かなかったり
自然に閉じなかったりするようになります。

そしたら、ジェット類もすべて交換をして

蓋をします。

チャンバーも磨くよ。

元のをざっと磨くだけでこれくらいにはなります。

そして、スロットルバルブの位置をチェック

まあ、適当にやって、それから同調とってもいいんだけど
前もって合わせておきます。

おおよそ、スロットルバルブが
手前の小さな穴の半分くらのところに来るようにしておきます。

そして、キャブとガソリンをつないでみてリークテスト


バイクに組んでから漏れが発覚したら
がっかりだもの・・・・



【一覧に戻る】